COLUMN 英語コラム

「好き」を意味する英語表現
like、favorite、preferなど

好きな食べ物、好きなスポーツ、好きな音楽、好きなタレントなどは、会話を盛り上げるのに役立ちます。たとえ初対面であっても、好きなものがきっかけとなって、打ち解けられたという経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。今回は、「~が好き」や「~が好み」など、自分の好きなものを英語で伝える場合の表現をいくつかご紹介します。

■like [lάɪk]
手軽で使いやすい英単語で、幅広くさまざまなものに対する「好き」を表現することができます。I like music.「音楽が好きです」のように、ストレートに趣味や好みを伝えます。

■favorite [féɪv(ə)rət]
「お気に入り」と訳すことの多い英単語です。パソコンでもよく使うサイトを「お気に入り」として登録することがありますが、この時の意味合いです。数ある中の一つ、あるいは複数の好きなものを表現する場合に使われます。My favorite music is Rock and roll.なら、「私のお気に入りの音楽はロックです」となり、音楽の中で特に好きなのが、ロックというニュアンスになります。

■prefer [prɪfˈɚː]
preferは、何かと比較して「好き」を表現することができます。例えば、I prefer Rock and roll to Classical music.「私はクラシック音楽よりもロックが好きです」や、Which type of music do you prefer, Rock and roll or Classical music?「ロックとクラシック音楽のどちらが好きですか?」のように、比べる対象を一緒に挙げて使うとよいでしょう。

■perfume [pˈɚːfjuːm] / fragrance [fréɪgrəns]
どちらも香水を意味することの多い英単語で、scentに比べると、少し強めのいい香りに使います。perfumeとfragranceは、よく似た意味を持っていますが、perfumeのほうがより人工的で強い香り、fragranceはより自然に近い薄い香りのイメージを持っています。

■~ is my thing
「好み」を表現する慣用表現です。Rock and roll is my thing.と言うと、「ロックが好みです」となります。Do you like Rock and roll?と聞かれた時にも、It’s my thing.「ええ、好きです」と答えることができます。逆に否定する場合には、It’s not my thing.「苦手です/好みではありません」と答えるとよいでしょう。I don’t like it.やI hate it.だと、「嫌い」「大嫌い」という意味になり、強めの否定になりますが、この答え方なら弱めのニュアンスとなります。

好きなものについての英語表現は、会話のとっかかりとしても使いやすそうですね。また、likeだけでなく、いろいろな表現方法を使って、好きの度合いや比較にも挑戦して、会話を盛り上げてみてはいかがでしょうか。