ururua

使える!?英語コラム

  • 「ニオイ」にまつわる英語表現
    smell、scent、aromaなど

    人間の五感の一つである嗅覚によって感じるニオイ。日本語でも、ニオイの元になるものや感じ方によって、「香り」、「匂い」、「臭い」など表現方法が異なります。英語でもニオイの表現には複数の英単語が使われます。そこで、ニオイにまつわる英語表現をいくつかご紹介します。

    ■smell [smél]
    もっとも一般的なニオイを表現する英単語です。いいニオイにもそうでないニオイにも使え、a good smellなら「いい匂い」、a bad smellなら「悪臭」というように、形容詞次第で使い分けることができる便利な単語です。ただし、smellを動詞として使う場合は、いいニオイなら、It smells nice.「いい匂いがする」のように、修飾語を加える必要があります。It smells.だけだと、「悪臭がする」という悪いニオイを意味します。

    ■scent [sént]
    自然でかすかな香りを意味します。a sweet scentは、「花などから漂う甘い香り」のこと。悪臭に対してはほとんど使いません。

    ■aroma [əróʊmə]
    ニオイだけでなく、味として体に取り込めるものから漂う香りに対して使うことの多い表現です。the aroma of coffee「コーヒーの香り」、the aroma of new-made bread「焼き立てパンの香り」のように、飲み物や食べ物を飲んだり食べたりする前に漂う、いい「香り」に、良く使われます。また、アロマオイルや日本のお香も、aromaで表現できるものの仲間です。

    ■perfume [pˈɚːfjuːm] / fragrance [fréɪgrəns]
    どちらも香水を意味することの多い英単語で、scentに比べると、少し強めのいい香りに使います。perfumeとfragranceは、よく似た意味を持っていますが、perfumeのほうがより人工的で強い香り、fragranceはより自然に近い薄い香りのイメージを持っています。

    ■odor [óʊdɚ]
    主に悪臭を表現する英単語。body odor「体臭」やfoot odor「足の臭い」という熟語として見かけます。This lotion will prevent[prɪvént] body odor.「このローションは、体臭を防いでくれる」や a deodorant for body odor「体臭用消臭剤」のように使われます。

    このようにニオイに関する英単語は、いいニオイか悪いニオイか、人口的なものか自然なものかなどによって、使い分けられています。迷ったときには、良いニオイにも悪いニオイにも使えるsmellを使うのが無難ですが、それぞれの単語の意味を知った上で適切な表現を使えば、よりニュアンスが伝わりそうですね。

    ウルルアボトル

  • 前のコラムを読む
  • 次のコラムを読む
  • コラム一覧へ

Information

  • LINE