ururua

使える!?英語コラム

  • 寒さや冷たさの英語表現、
    cool(涼しい)・cold(寒い)・chilly(肌寒い)など

    寒さや冷たさを表現する英語には、その程度や様子などによって、さまざまな表現方法があります。

    日本語でも、「肌寒い」程度の寒さもあれば、「凍える」ほどの寒さもあります。冬の寒い時期には、会話の中でも、いろいろな寒さが話題に上りやすくなります。今回は、体感できる気温の寒さや、恐怖などが原因で感じる寒さなど、いくつかの表現をご紹介します。

    cool [kúːl] / cold [kóʊld]
    寒さや冷たさを表現するのによく使われる英単語です。二つを比べると、coolよりもcoldのほうが寒さも冷たさも厳しいイメージです。It's cool today.「今日は涼しい」は、「昨日までの暑さや暖かさとは違っている」というような時に使われることが多い表現です。

    これに対して、It's cold today.「今日は寒い」は、涼しさを通り越して寒さを感じる時に使う表現と考えておくと違いが分かりやすいでしょう。また、飲み水などの温度の低さを表現する場合には、主にcoldが使われ、「一杯の冷たい水」は、a cup of cold waterと言います。

    chilly [tʃíli]/ chill [tʃíl]
    これらは、日本語の「肌寒い」状態を意味する英単語です。日中は暖かかったのに、夕方になって急に冷えてきた、そんな時に、It's chilly, isn't it? 「肌寒いね?」などと使うと自然な会話につながりそうです。また、I feel chills down my spine [spάɪn](脊椎).で「背筋が凍る」状態を表現し、気温だけでなく、恐怖などでぞっとした時にも使えます。

    freezing [frízɪŋ]
    freezeが「凍らせる」という意味の英単語であることからも分かるように、It's freezing !は「凍えそう!」のように、とても寒い時に使います。freezingも気温だけでなく、態度などがとても冷たい場合に使うこともあります。

    mild [mάɪld]
    暖かい季節に感じる涼しさにcoolを使うことは、coolとcoldのところで説明しましたが、逆に寒い季節に暖かさを感じた場合にはmildを使って表現することができます。例えば、It was mild this morning.と言えば、「今朝はあまり寒くなかったね」という意味になり、「いつもは寒いのに」という意味合いが隠されています。

    このように、体感した寒さや冷たさの程度や状況に合わせて表現を変えることで、会話に幅が出ます。また、ここでご紹介した以外にも、日本語には「懐(ふところ)が寒い」のように、「寒い」を使った表現がありますが、これらには、coolやcoldなどの英単語は使えません。

    「懐が寒い」はI'm short of cash.と言います。直訳すると、「現金が不足している」という意味です。日本語独特の表現の場合には、「寒い」をそのままclodなどに英訳すると、意味の通じない英語になってしまうこともありますので、注意が必要です。

    ウルルアボトル

  • 前のコラムを読む
  • 次のコラムを読む
  • コラム一覧へ

Information

  • LINE