ururua

使える!?英語コラム

  • 衣類を表す英単語、clothes(衣類)・
    jacket/coat(ジャケット/コート)・
    outerwear/top(s)など

    暖かくなるにつれて、気分や服装が軽くなってきます。また季節の変わり目には、衣替えを行う人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、衣類を表現する英単語をご紹介します。日本語として使われている身近な単語も多いので、復習感覚で確認してみましょう。

    clothes [klóʊ(ð)z]
    衣類を表す最も一般的な英単語がclothesです。ほかに、clothing[klóʊðɪŋ]、dress[drés]なども、ほぼ同じ意味で使うことができます。服を着たり脱いだりする動作は、put on「着る」、take off「脱ぐ」で表現し、He took off his clothes in the dressing room.「彼は試着室で服を脱いだ」のように使います。また、すでに着ている状態の時は、The clothes you are wearing is cool.「あなたの来ている服はかっこいいですね」のようにwearを使うので、気をつけましょう。

    jacket [dʒˈækɪt]/ coat [kóʊt]
    日本語でもそのまま「ジャケット・コート」として使われている、なじみのある英単語です。防寒用の上着を表し、丈の短いものをjacket、長いものをcoatと呼ぶところも日本語と同じですが、"ck""oa"などは、つづりを間違えやすいので注意しましょう。

    outerwear [aʊtɚẁɛr]/ top(s) [tˈɔp(s)] / bottoms [b́ɑtəmz]
    下着や重ね着の際に、内側に着るものと区別して、外側に着る衣類をouterwear「アウター(外衣)」と呼びます。outerwearはさらに、上半身に着るものをtop( s )、下半身に着るものをbottomsと呼びますが、スーツのように上下がセットになっている場合には使えず、top(s)とbottomsがそれぞれ別々に着まわせるものに限定して使います。

    trousers [trάʊzɚz]/ pants [pˈænts]/ shorts [ʃˈɔɚts]
    下半身に着たりはいたりする衣類の呼び名です。trousers「トラウザーズ」とpants「パンツ」はどちらもズボンのこと。イギリスではtrousers、アメリカではpantsと呼ぶことが多いようです。shortsを「ショーツ」と訳すと下着のように聞こえますが、丈の短いズボンの総称なので、ショートパンツや下着のショーツもその中の一つです。

    なお、ズボン類を表す英単語は、足が2本あることを前提に複数形で使うので注意しましょう。また、日本語の「ズボン」も英語のような響きですね。しかし、その由来は、フランス語のjupon(ペチコートの意味)といわれています。そのほかに、はく時に「ズボッ」という音がするからという説もあります。

    skirt [skˈɚːt]
    主に女性が下半身にはく衣類「スカート」です。"主に"というのは、例外があり、男性が着るケースがあるためです。スコットランドやアイルランドでは、男性の伝統的衣装であるキルトが、スカートと同じ形をしています。東南アジアの国にも、男性も長い巻きスカートを身につける習慣があります。また最近は、ファッションとして男性用のスカートも見かけることもあります。

    underwear [ʌndɚẁɛr]
    下着の総称です。肌に直接着る衣類「肌着」を意味する場合が多く、あまり人目にさらすことのない衣類です。また、Tシャツやタンクトップ、キャミソールなどは、従来はunderwearとして分類されていましたが、現在ではtopsとしても着ることもありますね。

    普段さりげなく使っている衣類を表す日本語の中に、たくさんの英単語が混じっていることが分かりますね。正しいつづりや英語の意味を確認した上で、英語としても使えるようになるといいです ね。

    ウルルアボトル

  • 前のコラムを読む
  • 次のコラムを読む
  • コラム一覧へ

Information

  • LINE