ururua

使える!?英語コラム

  • 動物の名前と鳴き声の英語表現、
    dog(犬)・cat(猫)・
    rooster/hen/chick(雄鶏/雌鶏/ヒヨコ)など

    人間が話す言葉は、各国で使われる言語によって異なります。では、動物たちの鳴き声はどうでしょう?どこの国でも、同じ動物なら鳴き声は同じはずです。犬は「ワンワン」、猫は「ニャア」など。ところが言語によってその表現は異なります。今回は、動物たちの名前とともに鳴き声がどう英語で表現されるかをご紹介します。

    dog [dˈɔːg]
    日本語では「ワンワン」と表現する「犬」の鳴き声。ところが、英語では ruf ruf(ラフ ラフ)[ŕʌf ŕʌf]、bowwow(バウワウ) [bάʊwάʊ]、woof(ウーフ)[wˈʊf] などと表現します。犬の鳴き声は、犬種や大きさ、年齢などによっても異なりますので、気をつけて聞いてみると、確かにさまざまな鳴き声がありますね。

    cat [kˈæt]
    犬と同様にペットとしてなじみが深い「猫」。猫の鳴き声は、英語ではmeow(ミヤーオ)[miάʊ]と表現します。日本語では「ニャア」や「ニャン」が一般的ですが、英語表現のような鳴き声もそれほど違和感はありません。

    rooster [rúːstɚ]/hen [hén]/chick[ tʃík ]
    鶏(にわとり)は、rooster「雄鶏(おんどり)」かhen「雌鶏(めんどり)」かで、鳴き声が違います。日本語で鶏の鳴き声といえば「コケコッコー」ですね。これが英語だと、cock-a-doodle-doo(コックアドゥルドゥ)[kάkədùːdldúː]となります。正確に読もうとすると発音しにくいかもしれませんが、雄鶏の鳴きまねをしながら発音してみると、なるほどそう聞こえる気もします。

    また、雌鶏はcluck(クラック)[klˈʌk]で、日本語の場合だと「コッコッ」といった短い鳴き声でしょうか。chick「ヒヨコ」は「ピヨピヨ」の代わりに、cheep cheep(チープ チープ)[tʃíːp tʃíːp]のように表現します。

    horse [hˈɔɚs]
    日本語では「ヒヒーン」が一般的な「馬」。英語ではneigh(ネーイ)[néɪ]となきます。まねをする時には、少し鼻にかかった感じの声でne~igh(ネェ~イ)と伸ばします。馬の鳴き声は日本語と英語で異なりますが、言われてみれば、そのようにも聞こえます。

    cow [kάʊ]
    「牛」の鳴き声は、日本語の「モーモー」と似ていて、moomoo(ムームー)[múːmúː]です。これは、日本語の表現と似ているので、受け入れやすいですね 。

    sheep [ʃíːp]/goat [góʊt]
    日本語では、sheep「羊」もgoat「ヤギ」も「メェメェ」と表現します。これが英語になると、羊はbaa(バアア)[bˈæː]、ヤギはbleat(ブリート)[blíːt]で鳴き方が異なります。いずれも少し濁った音が特徴的です。

    今回挙げた一部の動物は、英語圏の子どもたちが動物の名前や鳴き声を覚えるときに歌う民謡"Old MacDonald Had a Farm(マクドナルドじいさんの牧場)"にも登場します。一度、原曲を聞いてみてはいかがでしょうか。

    ウルルアボトル

  • 前のコラムを読む
  • 次のコラムを読む
  • コラム一覧へ

Information

  • LINE