ururua

使える!?英語コラム

  • 手にまつわる英語表現、
    palm(手のひら)・wrist(手首)・
    fist(げんこつ)・thumb(親指)

    日本語で使われている髪型や髪質を表す言葉の多くが、実は英語であることをご存じでしょうか。今回は、そんな髪型や髪質に関する英語表現をご紹介していきます。

    short [ʃɔ'ːrt] / medium [míːdiəm] / long [lɔ'ːŋ]
    髪の長さの基本的な表現で、「短い」「中くらい」「長い」を意味します。美容院で髪を切ってもらう際には、どの程度のshort / medium / longにしてほしいのか、もう少し詳しく伝えるが必要あるでしょう。イメージをしっかり伝えたいときには、写真を持参していくのも一つの方法ですね。

    bob [bɑ'b]
    bob「ボブ」。主に女性の髪型の一つとして定着しています。肩にかからないshortとmediumの中間程度の長さで、うなじからあごまでまっすぐにそろえ、全体的に顔の形に添うように丸く整えられた髪型です。

    curly [kə'ːrli] / wavy [wéivi]
    巻き髪を表す時に使います。curly / wavyは、巻きの強さで使い分けます。強くはっきりとした巻き髪をcurly、ゆるくふんわりとした巻き髪をwavyと呼びます。このwavyは、日本語で言う「くせ毛」に近い髪型です。また、「天然パーマ」か「パーマネント」かは、natural[nǽtʃərəl] / permanent[pə'ːrmənənt]で表現します。ただ、日本でストレートヘアが天然かどうかをあまり尋ねないように、欧米ではその割合からか、curly / wavyが天然かどうかあまり話題にしません。

    shaven head [ʃéivən héd]
    剃りあげた丸刈りのことをshaven head、またはshaved headと表現します。一方、部分的な脱毛症や、中年の薄毛の男性が丸刈りにするケースは、bald [bɔ'ːld]を使います。欧米では薄毛になると、思い切ってそってしまうことが多く、bald headは自然に受け入れられている髪型の一つといえます。なお、日本で使われるスキンヘッド(skinhead)は、欧米などでは頭髪だけではなく、反社会的な思想を持っている人たちのこと指す場合もあるので、注意が必要です。

    海外では髪の質も色も多種多様なため、髪型にそれほどこだわらない傾向があります。髪のおしゃれに気をつかう日本では、広く日常生活の中で通じるような髪型も、海外では美容専門用語として扱われることが多く、日常会話や街の美容院などで通じるのは、基本的な髪型や長さ、パーマの強さ程度と考えておくのがよさそうです。

    ウルルアボトル

  • 前のコラムを読む
  • 次のコラムを読む
  • コラム一覧へ

Information

  • LINE